オフィス

手書きよりもビジネスチャットの方が時短|簡単な連絡手段

利便性向上

オフィス

給与計算を外部にアウトソーシングする会社があります。しかし個人情報の問題やコストの問題などで自社内で給与計算システムを導入し管理する会社が増加しています。コスト管理にも紐づけることが可能になるのです。

もっと読む

人事システムの特徴

PCを操作する人

人事給与の管理は人事の一番の仕事になります。システム化によってその効率化を図るだけでなく様々な副次的効果を生み出すことが可能になります。タレントマネジメントや、中長期的な人材育成の計画、適材適所への配置、そして人事部門の業務効率化ができます。

もっと読む

企業での新しい連絡ツール

PCを触る人

チャットをビジネスで使う

企業内で連絡を取る場合、長らく電話がその中心になっていますが、最近ではメールも併せて利用されることも多いのです。こういった電話やメールではなく、ビジネスチャットと呼ばれる新しいツールも最近では出てきて、注目を浴びています。ビジネスチャットはもともと個人間でやり取りするものですが、それをビジネス用にも使えるようにしたものになります。手軽に利用できることもそうですが、昨今のスマートフォンなどの普及などにより、チャットのほうがなじみやすいからというのも理由の一つです。またビジネス向けですので、複数人でやり取りをおこなったり、その場で会議を行い資料などの共有も簡単なのです。このように新しいコミュニケーションツールとして、ビジネスチャットは会社で利用されることが多くなっています。

ビジネスで使う為の工夫

ビジネスチャットを企業で利用するためには、その特徴や機能を十分に理解して、ちょっとした工夫をすることが大切です。例えばビジネスチャットには、自分の状態を表してくれる機能が搭載されていますが、これをうまく活用することです。重要な会議中や資料作成などに集中したい時には、応答できないという状態にして、コメントを添えると相手も理解してくれます。また外出中や休暇を取っているときなど、根本的にコンタクトが難しい場合にも、不在の状態にしておけばよいのです。またビジネスチャットは、その会話履歴を保存することができますので、議事録代わりに利用することも可能なのです。こういったちょっとした工夫をすることで、コンタクトを取りたい相手にも配慮できることができるわけなのです。

確定申告まで自動化

男性

会計システムは会社の経営には欠かせないシステムです。確定申告などの情報と連動しており、非常に使い勝手の良いものになっています。しかし実際に購入する前に、お試し版などを利用して使い勝手を研究しておくことが大事なポイントです。

もっと読む