利便性向上|手書きよりもビジネスチャットの方が時短|簡単な連絡手段
メンズ

手書きよりもビジネスチャットの方が時短|簡単な連絡手段

利便性向上

オフィス

自社内で完結

給与計算は、人事の仕事のひとつですが、工数のかかる仕事でもあります。月初に繁忙期を迎えそれ以外の時期は閑散としていることが多く、繁閑の差が大きい特徴を持っています。給与計算をアウトソーシングしている企業も多く、専門的に給与計算を行う会社も増加しています。しかし個人情報の問題や、締め切りがシビアになるなどの問題もあります。一番はアウトソーシングに関するコストです。決して安くはないため、アウトソーシングはコスト負担になってしまうことが多いのです。そのため社内でできる限り簡単に給与計算を行う事がベストな方法となります。給与計算システムの導入は、それを実現可能にする方法となります。人数が多い会社ほど給与計算システムの導入効果は大きくなります。

コスト管理もできる

給与計算システムは打刻システムとメンテナンス、そして給与の締めをすべて一つのシステムで行うものです。以前はタイムシートや勤務管理表などを用いて手書きで計算を行いましたが、現在ではすべて端末上の操作で可能になっています。携帯などでも可能なのですが、不正防止などのシステムを同時に導入する必要があるためあまり実用化はされていません。すべての打刻データをベースにして不正や異常値を自動検出しアラートを発します。エラーがすべて解消された時点で、給与計算が自動で行われる仕組みです。コスト管理もリアルタイムで行うことができるメリットがあるため、一番のコスト管理である人件費を給与計算システムが自動管理することができるのです。